コウノトリファンクラブ

コウノトリの野生復帰とは?

 

1、コウノトリとは2、野生復帰の経緯
3、保護増殖への取り組み4、地域づくりの取り組み

1、コウノトリとは
国の特別天然記念物に指定されているコウノトリは、両翼を広げると2mにもなる鳥で、絶滅が危惧されている世界的にも希少な鳥です。

日本では、昭和46年に豊岡盆地で国内最後の野生コウノトリが姿を消しています。近縁種にはヨーロッパで85万羽以上が分布していると推測されているシュバシコウがいます。

学 名 キコニア ボイキアナ(Ciconia boyciana)
翼開長 2m前後

体 重 約4~5kg
雌雄の区別 外見上の差異はほとんどありません。一般にオスはメスより大きい。
鳴き声 成鳥は声を出しませんが、クチバシをカタカタとならすクラッタリングをします。
餌生物月 動物食で、ドジョウ、フナなどの魚類をはじめ、カエル、ミミズ、バッタなどの生きた小動物も餌とします。
分 布 ロシアと中国の極東地域(主にアムール川流域)を主な繁殖地とする鳥で、その数は約2,000羽と推定され、絶滅が危惧されています。
極東地域で繁殖したコウノトリは、中国揚子江周辺とポーヤン湖、さらに台湾、韓国、日本に渡り越冬することもあります。

2、野生復帰の経緯
兵庫県豊岡盆地を中心としてすすめられている野生復帰計画は、かつての生息地である自然豊かな人里に戻していこうという世界的にも例をみない取り組みです。
コウノトリ
最後の生息地
かつて、コウノトリは全国各地で見られ、但馬地域でも豊岡盆地を中心に数十羽のコウノトリが大空を舞い、また川辺や田んぼで餌をついばみ、松の木の上に巣をかけヒナを育てる姿を間近に見ることができました。しかしながら、明治期の乱獲、戦後の農薬の多用により、餌となる生き物の激減や営巣木の減少などから個体数は徐々に減少し、昭和46年に国内の野生のコウノトリは但馬の地を最後に姿を消しました。
※画像クリックで拡大表示
保護繁殖に成功 急激に個体数の減少を招いた時期以降、官民一体となった保護活動が行われ、飼育下での繁殖が試みられてきました。人工ふ化・増殖に向けての懸命な取組みが続けられ、その結果、4半世紀経た平成元年に県立コウノトリの郷公園で初めてのヒナが誕生しました。その後、平成11年に「兵庫県立コウノトリの郷公園」が開園し、同園において順調に飼育羽数は増加し、今日では飼育数、野外数共に100羽を超えるまでになりました。
壮大な計画 空を舞うコウノトリの姿が消えて30年余の歳月が経ち、最後の野生コウノトリの生息地である豊岡を中心に、住民や団体、行政が一体となって、人と自然が共生する地域づくりに努め、コウノトリを再び大空に戻そうとする「コウノトリ野生復帰推進計画」が平成15年3月に策定されました。

人里離れた地で野生復帰が試みられている他の鳥獣とは異なり、コウノトリの野生復帰は、かつての生息地である自然豊かな人里に戻していこうという世界的にも例をみない取り組みです。平成17年から、待望の試験放鳥がスタートし、平成24年には、「コウノトリ野生復帰推進計画(2期)」が策定され、本格的野生復帰の段階に歩みを進めています。

新しい農業の推進 コウノトリの野生復帰を進めていく上で、農地は重要なステージとなります。農業従事者たちは「鳥と農業との共存」をテーマに新しい可能性を探ってきました。現在、農薬を減らして安全で安心な農産物を生産するのと同時に、多様な生物が生育できる環境を創り出す「コウノトリ育む農法」が豊岡市内を中心に広がりを見せています。
清浄な土地にしか住めないというコウノトリ。清浄な土地をつくる農業は人間にとっても安全、安心な食を提供してくれています。
新たな展開 平成29年、野外コウノトリが100羽に到達し、全都道府県での飛来が確認されました。また、国内コウノトリの絶滅後、兵庫県豊岡市とその周辺を除き、初めて徳島県鳴門市及び島根県雲南市においてヒナが誕生するといった快挙が起こりました。

3、保護増殖・普及啓発への取り組み
兵庫県立コウノトリの郷公園では、特別天然記念物のコウノトリを保護し、その種の保存を図るとともに、野生復帰に向けた調査研究や普及啓発に取り組んでいます。
兵庫県立
コウノトリの郷公園
兵庫県立コウノトリの郷公園では、特別天然記念物のコウノトリを保護し、その種の保存を図るとともに、野生復帰に向けた調査研究や普及啓発に取り組んでいます。

 

コウノトリの種の保存と遺伝的管理

  • ペアリングの技術向上
  • 遺伝学的解析
  • 国内外の機関との個体の交換

野生化の科学と実践

人と自然の共生の普及啓発

 

※画像クリックで拡大表示
 

兵庫県立コウノトリの郷公園

〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128番地
TEL 0796-23-5666(代)/FAX 0796-23-6538
http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/

 

豊岡市立コウノトリ文化館

〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷127番地
TEL 0796-23-7750/FAX 0796-23-8005
http://kounotori.org/bunkakan/

4、地域づくりの取り組み
コウノトリが住める環境が私たち人間にとっても安全で安心な豊かな環境であり、人と自然が共存する地域づくりを進めながらコウノトリの野生復帰の推進をめざすこととしています。

そのため、住民・団体・学識者・行政などで組織する「コウノトリ野生復帰推進連絡協議会」が発足し、様々な主体が協議・連携を図り、田園や河川の自然再生などの環境整備や野生化への馴化、普及啓発などの野生復帰実現に向けた取り組みを展開しています。

まるごとコウノトリの郷公園

まるごとコウノトリの郷公園

園内を散策するガイドウォーク

園内を流れる川での生き物調査

出前講座(コウノトリについてのレクチャー)

出前講座(コウノトリの重さを体感)

転作田のビオトープ化・田んぼの学校

水田と排水路を連結する魚道整備

林間歩道整備、松林等森林整備

円山川の自然再生整備

有機稲作技術の確立

コウノトリを核とする環境教育の取り組み

円山川を自然にもどす

コウノトリ感謝祭の開催

柳生博会長からのご挨拶
&活動の紹介/h4>

コウノトリの生態や
野生復帰の取り組み

写真コンクールに
参加してみませんか!

会員入会の詳細はこちらからどうぞ

 

コウノトリファンクラブ

ページの上部へ