コウノトリファンクラブ

コウノトリファンクラブは、コウノトリのふるさと但馬の自然環境保全・再生を支援し、コウノトリの野生復帰を目指す地域の取組みを応援します。

柳生博会長から
ごあいさつ

コウノトリ
ファンクラブって?

写真コンクールに
参加してみませんか!

2010年受賞作品

最優秀賞(総合)
タイトル
「単立ちの雛に見えたもの」
住所
豊岡市
名前
竹中 靖さん
講評
「単立ちしたばかりの幼いヒナが電車を物珍しく見ている」という風景描写の着眼点が非常に素晴らしく、想像力を掻き立て、夢や希望が持てる作品に仕上がっている。 また、写真構成においても緑が力強く表現されている背景でありながら、コウノトリと電車が上手く映し出されており、全体構成及び表現技術がともに優れている。
優秀賞 (自由題目部門)
タイトル
「よーい、ドン!」
住所
豊岡市
名前
大平 幸次郎さん
講評
コウノトリの目元のピントがしっかりと表現できており、難しい写真構成を上手く描写できている点が非常に優れている。 なにより、写真全体が力強く、コウノトリの躍動感が際だって表現されており、見る人にインパクトを与える力強い作品に仕上がっている。
優秀賞 (人と暮らしのコウノトリ部門)
タイトル
「幸せの町内放送」
住所
和歌山県東牟婁郡串本町
名前
鈴木 文代さん
講評
防災無線と民家が立ち並ぶ、いわば「現代社会における日常風景」にコウノトリが違和感無く溶け込んでいる場面を上手く表現しており、まさに「人の暮らしとコウノトリ」のテーマにふさわしい作品である。同時に、これまでの野生復帰の成果を感じさせてくれる作品に仕上がっている。 また、思い切った縦構図を用いた技法も優れている。

コウノトリファンクラブ

ページの上部へ