コウノトリファンクラブ

 

コウノトリ写真コンクール 〜自然と人との共生〜

平成19年、放鳥コウノトリのヒナが自然界で誕生して以降、毎年多くのヒナが大空へと飛び立っています。その数は現在170羽を越え、コウノトリの野生復帰は着実に全国へと広がりつつあります。コウノトリが多くの人々に見守られ、コウノトリと共に生きる地域づくりの輪が全国へと広がっていくことを願ってコウノトリ写真コンクールを開催します。

今年の募集チラシはこちら

応募フォームはこちら

過去の入賞作品はこちら

■ 主催:コウノトリファンクラブ
■ 協賛:(株)ニコンイメージングジャパン/(株)シグマ/但馬信用金庫

第15回コウノトリ写真コンクールの募集要項について
コウノトリ野生復帰のテーマである「自然と人との共生」が伝わる作品を募集しています。
被写対象 ◎コウノトリ
*飼育、野生は問いません。
応募資格 ◎プロ・アマを問わず、どなたでも応募できます。
部門 自由題目とします。
応募規定
  • プリントサイズは、四つ切(254㎜×305㎜)もしくはワイド四つ切(254㎜×365㎜)とします。(カラー、モノクロは問いません)デジタルカメラによる撮影も可です。(ただし、A4サイズ以上にプリントアウトしたものに限ります。)
  • 応募点数は1人2点までとし、組写真、合成写真は不可とします。
  • 作品は未発表であって、他に発表予定のないものとします。
  • 他のコンテスト等への二重応募又はその類似作品であると審査員が認めた場合は、入賞後でも取り消しになる可能性があります。
  • 応募作品の著作権は撮影者に、使用権は主催者に帰属します。
  • 入賞作品については、フィルムの原版または、デジタルデータの提出をお願いします。
    (これらの提出をもって賞の決定とします。)
  • 応募作品は返却しません。
  • 応募作品は応募者本人が撮影したものに限ります。
    (家族や他人の名前を使用して応募した場合は失格となります。)
応募方法

◎所定の応募用紙に必要事項(作品の題名、撮影年月日、撮影場所、氏名、性別、年齢、住所、電話番号)を記入し、作品の裏面に貼附してご応募ください。
→応募用紙はこちらからダウンロード(PFDファイル)できます

◎インターネットからも応募できます。下記の応募フォームより必要事項を記入の上、ご応募ください。

応募期間 ◎令和2年1月10日(金)消印有効
◎最優秀賞<大賞>(1点) 賞金:3万円
◎優秀賞(2点) 賞金:1万円
◎ご協賛企業賞((株)ニコン賞、(株)シグマ賞、但馬信用金庫賞)
◎奨励賞(4点) 賞金:5千円
審査委員 ◎柳生  博 様(日本野鳥の会名誉会長、コウノトリファンクラブ会長)
◎宮崎  学 様(自然界の報道写真家)
◎高橋  信 様(コウノトリ市民研究所理事)
◎中貝 宗治 様(豊岡市長、コウノトリファンクラブ副会長)
◎江崎 保男 様(コウノトリの郷公園長)
◎古川 直行 様(但馬県民局長)
審査結果発表 ◎令和2年3月上旬(予定)
入賞作品の取扱い 入賞作品は展示会で展示するとともに、新聞(記者発表)や会報誌、コウノトリファンクラブホームページ等により紹介いたします。コウノトリ野生復帰の情報発信などにも有効活用させていただきます。
作品送付先・
問い合わせ先
コウノトリファンクラブ事務局
〒668-0025 兵庫県豊岡市幸町7-11
兵庫県但馬県民局地域政策室 地域づくり課 内

TEL. 0796-26-3611 FAX. 0796-23-1476

応募フォーム

以下の応募フォームに入力いただき、最後に「内容を確認する」をクリックして下さい。

※マークは入力必須です
お名前※
お名前(かな)※
郵便番号※
住所※ 都道府県
市区町村以降の住所(番地までご記入ください)
性  別
年  齢
電話番号※
FAX番号
メールアドレス ※半角英数字
※応募完了の確認メールが必要な方は、メールアドレスをご記入ください。
メールアドレス確認
※メールアドレスを記入された方は確認のためもう一度入力してください。
◎作品1
作品名※
作品名(かな)※
撮影場所※
撮影年月日※
添付ファイル※
※JPEG・PNG形式で最大10MB以内(これより画像サイズが大きい場合は、10MB以内にリサイズして応募して下さい。
◎作品2
作品名
作品名(かな)
撮影場所
撮影年月日
添付ファイル
※JPEG・PNG形式で最大10MB以内(これより画像サイズが大きい場合は、10MB以内にリサイズして応募して下さい。

柳生博会長からのご挨拶
&活動の紹介

コウノトリの生態や
野生復帰の取り組み

写真コンクールに
参加してみませんか!

会員入会の詳細はこちらからどうぞ

コウノトリファンクラブ

ページの上部へ